姫の我が儘
織「姫の我が儘にようこそ!!」
冬「題名がどうかと思うんだけどな……」
一「冬獅郎!そこはあえてつっこむな!」
冬「日番谷隊長だ!!」
織「来てくれてありがとうございます!ゆっくり楽しんで下さいね!」
一「題名はつっこむなよ」織「黒崎くん!!しっ!」冬「やっぱりお前も題名変だと思ってたんだな…」





激夢はPASS付きです!!
PASSを知りたい方は
 はじめに を見てください!



みなさん!すいませんでした!ちょっと非公開にしてました!また再開しようと思います!時間がなくてなかなか行けませんがよろしくお願いします!!

更新履歴
はじめに
長編夢小説       『深き愛に落ちる物語』
夢小説
激夢
アルバム
掲示板

リンク

ア「来てくれてありがとうございました!」
ラ「また来てほしいさ♪」ユ「こなくていいがな…」ア「このバカがすいませんでした!」
ユ「バカはオメェだろ!モヤシ!」
ラ「二人はほっといてまた来るさ♪」
ア・ユ「ほっとくな!!」


ブックマーク|教える
訪問者3661人目
最終更新日 2009/02/14




©フォレストページ