エヴァ小説(短編)


(たっぷ)やっぱり明るい小説はいいですねぇ

スパ〜〜〜〜〜〜ン

(アスカ)あんたねぇ、ここの小説は、明るいというよりギャグじゃないというよりこのなかの私、どれだけマヌケなのよ

(たっぷ)これももう一つの世界ですよ

(アスカ)私はこの辺にしておくけど、あんたの後ろにATフィールドを展開したツワモノが二人いるから、気をつけたほうがいいわ


(たっぷ)レイにカヲル君話せば・・・・わからないみたいだね、じゃあ、逃げます

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ