†カカベジ†

□射程距離
1ページ/1ページ

−あいつ、今頃どうしてっかなぁ。
悟空は肩の傷を見ながら、風呂でさっきまでの出来事を思い返していた。





「ようベジータ!」
玄関から入るのが面倒臭かった悟空は、瞬間移動で西の都のCPの一室に来た。そう、ベジータの部屋である。
「…貴様、俺は何度も瞬間移動は使うなと言っているだろう」
目当ての人物は寛ぎタイムだったのか、ソファーに横になり本を読んでいた。射殺さんばかりの視線を悟空に向ける。
「いやぁ、悪ぃ悪ぃ。楽なもんだからよ」
「何の用だ」
「用?用か、実はなぁベジータ」
「用はない、なんて言いやがったら吹き飛ばすぞ」
脅しではないと謂わんばかりに、ベジータは片手を悟空に向けて伸ばし掌を向けた。
「まぁまぁ怒んなよ!」
「ふん」
ベジータは一向に下げる気はないらしい。悟空はどうすればいいのか分からなかった。
「ん〜、まぁ修業に行かねぇか?おめぇも久しぶりに思いっきり体動かしてみてぇだろ」
ぴくり、とベジータが反応する。どうやら効果覿面らしい。
「修業だと?」
「おめぇもやっぱり実戦の方がいーだろ?」
「…ふん」
ベジータは手を下げる。悟空は内心安堵した。部屋で気弾をぶっ放されてはたまったもんじゃない。
「さぁ行こうぜベジータ!オラに捕まれ」
「断る」
「えぇ!」
「貴様に触れるなんぞ胸糞悪ぃ」
ベジータは起き上がると窓枠に足をかけた。そして顔を悟空に向けニヤリ、と笑うと
「俺は貴様にスピードで負けはせん」
「ちょ!」
そういうとベジータは飛び出していく。悟空は仕方なく舞空術を使い空に飛びたった。




着いたのはごつい岩が沢山ある山だった。
「とっとと始めるぞカカロット」
ベジータは目をきらきらさせながら構える。悟空は内心(綺麗な目だなー)と思いながらも口には出さない。
「早く構えやがれカカロット!」
「よし!行くぞベジータ!!」
悟空が跳躍し彼に勢いよき飛びこんでいく。ベジータは腕を交差させ衝撃を堪え、すかさず反撃する。
「おわっ!」
「気をぬいてんじゃねぇ!」
「わっわっ!」
「はぁああああああ!!」
ベジータの手から無数に放たれる気弾を悟空は跳ね返す。


−体に痺れが走る


「まだまだだカカロット!!!」


−今あの綺麗な瞳を独占しているのは自分


「どうしたカカロットォ!!貴様の力を見せてみやがれ!!」


−あいつの頭の中は自分でいっぱい


「…やべぇ、オラもう我慢なんねぇ」
悟空はベジータの背後に回ると両腕を拘束する。
「!は、離せくそったれ!!」
「悪ぃなベジータ、オラもう…」
「!?」
悟空は空中でベジータを捉えたままキスをした。ベジータは抵抗しようと必死になるが、身動きが取れない。
「んぅ!!!ぅ!!!」
悟空は口を離す。そしてジッと見つめた。
「き、貴様ぁ!!!サイヤ人の王子である俺にむかって!!!」
「仕方ねぇだろ?してぇーって思っちまったんだし」
「野蛮人が!!!!!」
「そう怒んなよー」
ベジータは踵を使い悟空の脇腹に蹴りを喰らわせ、ようやく悟空の拘束から解放された。額には青筋がいくつか浮かんでいる。
「…っ!!今すぐあの世に送ってやる!!!!!」
ベジータの手から巨大な気弾が放たれた。悟空は慌ててソレを交わすが、肩を怪我してしまう。
「いちちち」
「貴様の下心まるだしの修業なんかに付き合ってられるか!!!!!」
そういうとベジータは一人どこかに飛び去っていった。悟空は地面に下り、岩にもたれ座る。
「…確かにおめぇは、サイヤ人の王子だもんなぁ」
誰よりも傲慢で気高くて。
誇りから生まれたような男。

それがベジータ。

「…オラも悪ぃ大人なんかもな」
悟空は自嘲した。妻子がいるのに妻には沸かない欲情を、同族であまつさえ同性に抱くなんて。

ありえない。

だが、本能は求める。

闘いを求める本能とはまた別。

アイツが欲しい

アイツの全てを支配下に起きたい


「オラも相当、狂っちまってるなぁ」

悟空はそういうと、ベジータを追い掛ける気がなぜか起きなくて帰宅した。



ベジータ、オラもうおめぇを逃がしてやれねぇ

おめぇはもう、オラの【射程距離】に入っちまったからなぁ。






††††††††††††††††††
はい、悟空さは積極派!という話!
あ、ちなみにまだカカベジになる手前くらいですね(^-^)しかしなぜだろう、

このカプだと何故かバトルシーンを入れたくなる!


2009/11/30

 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ