†カカベジ†

□なんて、幼稚
1ページ/3ページ

−躊躇する。

「よっベジータ」

−貴様の大きな掌が俺に延ばされる度に。

「ん?どうした?なんかあったんか?」

−貴様の掌を素直に掴めたら、それはきっと幸せと謂うんだろう。

「…何でもない」

−しかし俺には出来ない。それはプライドからじゃなくて

「何でもないんだ、カカロット」

−今まで娯楽で命を奪ってきた俺の手がひどく汚れているように思うからだ。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ