†カカベジ†

□Present For You
1ページ/2ページ


普段にまして色彩鮮やかな街を、しとしとと白い華が舞い落ちる。それは、地面に降り立ちじんわりと染み込んでいくのだ。
窓から見下ろせば、所々雪が積もり白い絨毯の様になっている。昼間から絨毯の上は通行人で沢山だ。

「ちッ…、相変わらず欝陶しい奴らだ」

鍛練の後のシャワーから自室へ戻り、街を見下ろしていたベジータは、室内の冷気に軽く身体を震わせ暖房のスイッチを入れた。
そしてそのままベッドに腰掛け壁にもたれる。

「ったく、地球人ってのはよく分からない生き物だぜ」

ベッドの上で軽くストレッチしていたベジータは、今朝方のご機嫌だった息子と妻を思い出す。

『パパ!今日はクリスマスなんだよね!サンタさん、ちゃんと僕の所来てくれるかなぁ!』

『サンタ?…なんだソイツは、強いのか』

『もうパパったら!違うよ!サンタさんっていうのは、真っ赤な服を着て、良い子にプレゼントを持ってきてくれる人なんだよ?』

『ふふ、駄目よトランクス。ベジータはそういう事には、ほんっと無頓着なんだから』

『無頓着だと…ッ?!』

『あら?何かあたし間違った事言ったかしら?』

『!…ちッ』

『まぁそんなにカリカリしないでよベジータ。今日はクリスマス…まぁ、お祝いする日なんだから。ね?夜には孫君達も呼んで、パーティーするんだから』

『カカロットだと?!』

『悟天も来るっ?!』

『ええトランクス。ちゃんと来るわよ』

『やったぁ!』

『だから、ちゃんとお部屋のお片付けしてらっしゃいね?』

『はーい!』

『……おいブルマ、俺は』

『出るのよ、アンタもちゃんと』

『…』

『出なさいよね』

『…ちっ』

『ふふ。そういう素直なアンタ好きよ、ベジータ』

結局、出席を余儀なくされてしまったベジータは眉根を寄せていた。ちなみにブルマはトランクスを連れて買い物に出掛けている。ベジータは壁に頭をもたれさせ、瞼を閉じる。

「何故俺様が、カカロットの顔など見なければならんのだ」

見るだけで苛立つ、へらっとした子供の様な無邪気なあの笑顔。その笑顔を浮かべ、カカロットはきっと片手を上げて言うのだろう。

「よ!ベジータ」

ベジータは口端を軽く上げた。想像しただけなのに、やけにくっきりはっきりカカロット…もとい悟空の声がする。

「おーいベジーター、寝てるんか?」

「?!」

耳元で囁かれた声に、ベジータは驚愕し目を開け横を見る。にこっと笑った悟空の顔と蟹頭が視界一杯に写った。

「き、貴様…!」

「あれ?起こしちまったんか?悪ぃなベジータ」

「寝てなどいない!何故貴様が俺様の部屋にいて、しかも俺様のベッドに座ってやがるんだ!しかも何故気を消してやがるんだ!」

「ちょ、落ち着けよベジータ。オラ、そんなに沢山の質問に答えらんねぇぞ」

「やかましい!!一つ一つ答えやがれ!!」

「ん〜、えっと。まずオラが此処に来たんは、チチの奴に【準備の邪魔だから時間潰しててくれ】って言われて」

「それで、何故俺様の所に来るんだ」

「パオズ山行こうかなぁって思ったんだけどよ、寒ぃだろ?」

「貴様が寒さなんぞ感じる程神経が柔だったとは、知らなかったぜ?カカロットさんよ」

「オラどーも寒ぃの苦手みてぇだ。で、山行けねぇし、じゃあおめぇん所行こうかなって」

「理由が飛躍しすぎだぜ、くそったれめ。さぁ、もう身体も暖まっただろう。とっとと出ていけ」

「んな冷てぇこと言うなよベジータぁ」

悟空は甘えるようにベジータに擦り寄った。そしてそのままベジータを抱きしめる。風呂上がりらしい、ぬくぬくとした体温と甘い香りが心地良い。

「貴様ッ…!」

「あったけ〜」

「離しやがれ!バカロット!」

「おめぇってあったけぇなぁ」

「話を聞きやがれ!!ぶっ殺すぞ貴様!!」

「あんまり怒んなよ〜、ベジータ」

精一杯抵抗するが、それでも悟空の腕力には敵わない。それが力の差を見せつけるようで、余計にベジータを苛立たせる。

「離しやがれ!!俺様に触るんじゃねぇ!」

「…今のちょっとオラ傷付いたぞ」

「ふん!貴様が傷付こうがつかまいが、俺様には知ったことか」

「…せっかくの、クリスマス・イヴっちゅうのに」

「…おいカカロット、貴様そのクリントンとか言うやつを知っているのか」

「なんだ?おめぇ、知らねぇんか?」

悟空の不思議そうな問い掛けに、ベジータは内心舌打ちした。

「あんな?地球にはクリスマス・イヴっちゅーのと、クリスマスってのが二つあって」

「…」

「今日はクリスマス・イヴなんだぜ?で、なんてったかなぁ、別名【恋人達の日】らしいんだ」

「…!?」

「でぇ好きな奴と一緒に祝う日なんだ!で!子供にはサンタっちゅー…」

「もういい。そっから先はトランクスの奴から聞いているからな」

「そうなんか?ま、いいけどよ」

悟空は何故かご機嫌で、にこにこしながらベジータを抱きしめる。ベジータも抵抗は無駄だと判断したのか、身体から力を抜いた。しかし身体は彼には預けない。プライドが許さないのだ。

「ふん。貴様はとっとと早く家に帰れ」

「だからなぁ?」

「今日は【恋人達の日】なんだろう?だったらチチと一緒にいやがれ」

「…オラはベジータといてぇ」

「?!」

急に真摯になった悟空にベジータは驚いた。振り向けば、悟空の漆黒の夜空を思わせる瞳が、獣のそれへと輝きを変えている。

「言ったろ?でぇ好きな奴といる日だって」

「お、俺は貴様なんか…!」

「オラ、おめぇに嫌われたっていいさ。ただ、オラはおめぇがでぇ好き。それだけだ」

「俺にはいい迷惑だ!こ、この俺が、貴様なんかに掻き乱されて…ッ」

「そんなベジータはオラしか、唯一のサイヤ人の生き残りのオラしか見せてくんねぇんだよな?」

「くそったれめ…ッ」

「可愛い、ベジータ。でぇ好き」

悟空は唇を塞いだ。「んーっ!」という抵抗の声も、悟空が口内を巧みにまさぐる内に吐息に変わる。
次第にベジータの身体からぐったりと力が抜ける。

「ベジータ…」

悟空はゆるりとベジータを押し倒す。彼は抵抗しようと腕を突っぱねるが力が入らない。
逆に瞳を潤ませてもなお抵抗する様は、悟空を煽る。

「ベジータ…オラ、サンタさんからプレゼント貰わなくていい」

「何、餓鬼みてぇな事言ってやがる…ッ」

「だから、オラにベジータをくれよ」

悟空の大きな手が、固い胸元を撫で上げる。ベジータは声をあげそうになり、唇を噛み締めた。

「おめぇが、欲しいんだ」

「ふ、ん!貴様は、大人で、しかも不倫している悪い大人だろうがっ」

「だよなぁ」

「だから、プレゼントを貰えないのは、当然だな」

「貰えねぇなら、力ずくで貰うまでだ」

「な!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ