†カカベジ†

□→RIVAL←
1ページ/1ページ

俺様がNo.1だ!
そう、思っていたのに。


「頑張れー!カカロット!」

「西の頭もフラフラだぜ!」


「へ、へへ…皆も、ああ言ってっしな。そろそろッ、決着、つけよーぜ。ベジータッ」

「はっ…はっ…」


カカロットは背後から声援を受け、獣の様な翡翠色の瞳をベジータに向けてくる。透き通った、強気で楽しくてしかたがないという目。

−苛々する。

「オラ、初めてかもしんねぇ。此処まで楽しませてくれたんはおめぇがよ」

「ふん」

「もっと闘ぇてぇ。…けど、見ての通りだ。へへっ、さっきので身体にガタがきちまってる」

「弱い、奴めッ」

「おめぇだって、もう何発か喰らってんだ。ガタガタきてんだろ?」

その通りだった。カカロットの一発一発が重く鋭く、的確に急所を突いてくる。腹立たしいが、強い。しかし、ベジータは相手に弱い所を見せるなんて、死んでも嫌だった。

「ふんっ!貴様、なんかと違って、俺は柔じゃない!」

「そう言ってもなぁ、おめぇちっこ…」

「黙れ!!」

ベジータは勢いよくカカロットの脇腹に滑り込むと、肘を喰らわせた。しかし彼は「うっ」と呻いただけで、直ぐさまベジータの腕を捻り背中へと回り込む。耳元に、カカロットの吐息と低い声が触れた。

「おめぇ、強ぇ匂いがすんなぁ」

「離れろッ!俺様に触れるんじゃねぇ!」

「…よく見っと、おめぇ可愛いんだな」

後ろで無邪気に笑うカカロットの顔面に、怒りで染まったベジータの頭が炸裂した。拘束を解かれ、ベジータは間合いをとった。

「き、貴様は変態か!」

「いちちっ!」

「俺様は男だ、気色悪い!くそったれめ!」

「オラは思った事を言っただけだ!」

「やかましい!」

ベジータはカカロットに拳をふるう。しかし受け止められ、更に蹴り上げた膝までもがガードされた。ベジータは悔しさに唇を噛み締める。

「いいぞぉカカロットぉ!」

「俺達が西も制覇するんだからよぉ!」

ギャラリーの興奮した熱気が二人を包む。ベジータはそれが欝陶しくて堪らなかった。すると、上でくすっという笑い声がする。

「気になんか?」

「黙れ」

「なぁ、オラおめぇとの闘いを終わりにすんの、もったいねぇんだ」

「だからなんだ」

「今日はお開きにしてよ、今度じっくり二人で会おうぜ」

「貴様とまた会うだと?ふざけやがって、誰が貴様の面なんぞ二度も拝みたいものか!」

「まぁ、そう言うなよ」

ベジータの拳を受け止めた手の平が、力を込めて握ってくる。ごつごつした、大きな手だ。

「は、離せッ!」

「オラ、おめぇが気に入っちまった」

「俺は貴様なんか気に入らん!!くそったれめ!!」

「そんな冷てぇ事言うなよ、おめぇだって力いっぺぇ闘ぇて…気持ちよかったろ?」

「!!」

目の前の翡翠色の瞳が輝く。ベジータは一瞬、たった一瞬だけでもその瞳に魅入ってしまった。

「おめぇゾクゾクしたろ?」

「するわけないだろうっ!」

「オラはゾクゾクしたけどなぁ」

カカロットは笑うと、ベジータの腹部におもいっきり膝をいれた。声にならない呻きと、血液が混じった唾液がベジータの口から漏れる。

「なぁ、ベジータ?」

「き、やすくッ、名前、呼ぶ…なッ」

「おめぇのそのプライド折っちまったら、どんなおめぇが待ってんだろうな?」

「くそ、…ッたれ!」

「見てみてぇな、オラ」

カカロットはベジータの髪を掴むと地面に投げた。身体が痛みと衝撃に軋む。だが、ベジータの視線の鋭さだけは闘う前のそれと同様だった。

−決して折れない、孤高のプライド。

「は、…はッ」

「なぁ、やっぱり勝負はまた改めてしよーぜ」

「ッ…ざけ、るな」

「もってぇねぇもん」

子供がお気に入りの玩具は後にとっておきたい、まるでそんな感じの口調だった。
ベジータは唇を噛み締める。人生初だろう屈辱感に頭が沸騰しそうだった。噛み締めた唇から、赤い滴が筋を描き流れる。

「やっちまえよカカロット!!」

「早く!!」

ギャラリーが沸き上がる。だが、そんな中ギャラリーの期待にカカロットはただ一言冷ややかに言い放った。

「うるせぇよ、オラはもう一度こいつと闘ぇてぇんだ。おめぇら邪魔すんなよ」

ギャラリーが息を呑むのがわかった。ベジータは動かない身体を叱咤して立ち上がる。その様子を見て、カカロットは満足そうに笑った。

「うん!やっぱりおめぇは強ぇ」

「こ、ろ…ッしてやるッ」

「いいぜ、オラを殺しにこいよベジータ」

ベジータは拍子抜けした。カカロットの返事があまりに簡単だったからだ。
殺しにこいだと?何を楽しむような顔で言ってやがるんだコイツは?

「オラの事ばっかり考えて、オラを越えるようにすんげぇ修業して」

カカロットが一歩、また一歩ベジータに近付く。

「オラを殺しにこいよ、倒しにこいよベジータ」

ざっ、ざっ、ざっ

「オラは、おめぇを待ってっぞ」

ざっ、ざっ、ぴた

「ベジータ」

視界一杯に金色が広がったと思えば、続いて可愛らしい音がたった。

……は?

ベジータが固まったのは数秒。再び我を取り戻した時に見たのは、カカロットの唇についた赤い…

「ごちそうさん!」

「…、……ッ!!?」

そしてベジータは理解した。今目の前の男に唇を奪われたのだと。喧嘩で負け、あまつさえこんな屈辱を受けたのだと。

ベジータは決意した。
そして、徐々に遠ざかる背中に叫んだのだ。

「絶対に貴様より強くなって真っ先にぶっ殺してやる!!そして貴様のその下品な唇を俺様が噛みちぎってやる!!覚えてやがれバカロット!!俺様はこのままでは終わらんぞ!!!」

夕立に熔けていくようなカカロットからの返事は、ひらひらと振られた左手だった。




アトガキ
華音様より相互記念リクエスト「ヤンキーカカベジ」。

無理でした!私の技量では無理でした!(ノ_・。)そしてカカロットさんが鬼畜!ベジータが可哀相(ノ_・。)しかし私こんな彼らも好きなんです!!←黙れ
私の妄想では、彼らが拳を交えるうちにたがいタッグを組んでいく((ギャリック砲!!!

こんなやつでよかったら、貰ってやって下さい!

2009/12/28/神威 鞘


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ