【紅桜華伝】


[1件〜10件/全31件]
次の10件→

【設定】

主人公の設定♪
初めての方はこちらから見られた方がわかりやすいです。

随時更新します。

【序編】

『余命は一年です』

壱【出会いそして・・】

「いやだね、千鶴ちゃんは。私は女だよ一応。千鶴ちゃん見たく可愛くはないけれど」

弐【月光に映るのは】

「千鶴・・ここ幕末よね?」

※グロテスク表現有り

参【狂い咲きの桜】

「うるせぇんだよっ!・・こいつ等の処分は帰ってから決める。そしたらこの餓鬼助かるかもしれねぇんだろ?」

四【夢うつつ】

「おねぇちゃん、ないてるの?」

五【鬼と私】

「だって、考えても見てください。土方さんのアレ知ってるのってこの時代じゃ、ここにいる人だけでしょ?」

六【幹部たちの言い分】

「おいおい、平助がなに言ってやがる・・まだがきじゃねぇか。子供に小姓はいらねぇよ・・」

七【自己紹介】

「・・さあな。さして良い方向には転ばぬだろう。だか、俺や総司なんかはあんたには興味がある。なんとかなるだろう」

八【晩御飯】

「あの・・日本語言ってます?」



[1件〜10件/全31件]
次の10件→

[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ