桜と誠と鬼と鷹

はらり、はらり、と散る儚き桜
そんな少しの時期にとても咲き誇った桜があった
その桜の木には不思議な事に鷹が留まっていたんだ
その横には綺麗な顔をした女鬼が一緒にいたんだって
だけどもその桜は五年後には枯れ果ててしまったんだ
それでも彼女達はずっとそこを動かなかった
また会える事を願ってーーーー

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ